OLTA Top Member What's OLTA Now Exhibition Past Exhibition Past Event Movie Goods Olta News Twitter standplay Mail



"TRANSMISSION PANG PANG IN OKINAWA"

OLTA x OPENCIRCUIT

このたび、アーティストコレクティブ・オル太とキュレーティングユニット・OPEN CIRCUITは、沖縄県那覇市に拠点を置くスペースBARRAKと共同で公演「TRANSMISSION PANG PANG IN OKINAWA」を開催いたします。ボードゲームのプレイを通じて伝承や伝統のあり方を考察する本プロジェクトは、昨年から制作・リサーチ活動を行い、日本では初の開催となります。今回の開催地・ 沖縄ではボードゲームに用いる道具制作のワークショップに始まり、3日間の公演、これまでのリサーチやドキュメントによる展示のほか、レクチャートークやアーティストトークも開催します。本公演の会場構成はBARRAKが手がけ、3日目は近隣のビーチに会場を移してパフォーマンスを行う予定です。沖縄の風土を感じながらプレイするこの機会に是非ご参加下さい。

○ワークショップ (公演に用いる道具を制作します。)
2018年4月21日(土)14:00-
参加費:無料、申し込み不要

○ 公演(プレイ)
2018年4月27日(金)18:30-21:00
     28日(土)18:30-21:00
      29日(日)16:00(集合)、17:00-19:00(ビーチに移動)
会場:BARRAK、ほか

参加方法:プレイヤーのみ事前申込制
※公演にご参加の方は一品持ち寄りでお願いいたします。
※プレイヤーとしての参加ご希望の方は下部添付の申し込みフォームよりお申し込みください。
申込フォーム( https://goo.gl/forms/B9TAJfDcbxjIfjkq2 )

○関連イベント
1.レクチャートーク
日時:2018年4月28日(土)14:00-16:00
出演:遠藤美奈(沖縄県立芸術大学附属研究所共同研究員〈伝統芸能部門〉)、林立騎(翻訳者、演劇研究者)、オル太、OPEN CIRCUIT
会場:BARRAK
参加費:500円、申し込み不要

2.アーティストトーク
日時:2018年4月29 日(日)公演終了後
出演:オル太、OPEN CIRCUIT、BARRAK
司会:木村奈緒

メイン会場:BARRAK(沖縄県那覇市大道 35-5)

主催・制作:オル太、OPEN CIRCUIT
共催・会場構成:BARRAK
ファシリテーター:木村奈緒
助成:公益財団法人 テルモ生命科学芸術財団

お問い合わせ:
TRANSMISSION PANG PANG 実行委員会
trapang18@gmail.com

TRANSMISSION PANG PANG とは

ボードゲームのプレイを通して、現代における伝承や伝達のあり方を考察するプロジェクト。 2017年より韓国ソウルを拠点に活動するOPEN CIRCUITとオル太が共同で企画を立ち上げ、各地で祭りや民謡をリサーチ。リサーチの成果と古代インドで親しまれたボードゲーム「蛇と梯子」を元に独自のボードゲームを制作し、一般公募した観客とプレイ(=即興の上演)をしてきました。ゲームで用いるカードには、祭りや民謡の身振り、祭りに用いる道具、飲酒などの行為が記されており、プレイヤーは引いたカードに描かれた様々な身振りや道具を組み換えながら実際に演じていきます。これまでに本プロジェクトの試作として「伝承 Pang Pang (ν)」(トーキョーワンダーサイト渋谷、東京、2017)、「TRANSMISSION PANG PANG」(ELEPHANT SPACE、ソウル、2017)を開催しています。


アーティストステートメント

伝統は、国家や地域共同体、社会・政治運動体といった集団の中で生み出され、それぞれのアイデンティティーを表明する一方、集団内の結びつきを強める役割を果たしてきました。生活や手仕事との密接な関わりの中で創出されてきた伝統には多様な文化的象徴が含まれており、それらは口承や踊り、民謡といった形で地域に根ざし、必要に応じて変容を重ねてきました。では、ソーシャルメディアによる情報の伝達やグローバルな物、人の移動が主流となり、伝統 をとりまく環境が大きく変化した現代において伝統はどのようなものであり得るのでしょうか。本プロジェクトでは、現代に残る伝統をただ享受するのでなく、ゲームのプレイを通じて現代における虚構の身振りを参加者と共に上演することで、かつての祭りや民謡が持っていた地域性や変容の可能性に今一度目を向け、伝統と生活や労働との結びつき、自国と他国の伝統と地理的関係、伝統の持つ社会的機能を顕在化させます。かつて沖縄には即興で歌を掛け合う文化「モーアシビ」があり、韓国の木浦にも「サンダイ」という文化がありました。男女が夜な夜な集い、即興で歌の掛け合いを行うこの文化を背景に本プロジェクトの公演を行います。とは言え、予備知識や気構えは不要です。実際にプレイしてこそのゲームですので、どなたでもお気軽にご参加ください。

↓ 公演のプレイ参加はこちらから↓
→TRANSMISSION PANG PANGへのお申し込み←