川村和秀(KAWAMURA Kazuhide)

1984年、静岡県生まれ。2012年多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻修士課程修了。現代での慣習、また古代の民話等に着目し、異なるそれらのイメージを描き並べ、本来とは別のナラティブを紡ぎだすことで、視点の変換を促そうと試みる。
 
グループ展
「生き抜くために、創るのだ」(BARRAK 沖縄 、2018)
「大学絵画」(アキバタマビ21 東京、2012 )
「脳に映るは移る日蝕」(アキバタマビ21 東京、2012 )