Related works

Format

game

生者のくに (Game)

2021 / Land of the Living /

茨城県日立で炭鉱と坑夫の歴史をリサーチしたオル太が、神話の世界から近代化の時代を抜け、福島の原発事故を経て、延期されたオリンピックと常態化した緊急事態に振り回された日本の現在において信仰されている「神」とは、そのために捧げられている「労働」とは何かを問う、ゲーム/プレイングインスタレーション作品(どちらかだけでも体験は成立します。体験の順番は問いません)。

私たちの生きる都市はどのような「鉱山」で、日々そこで私たちはいかに身体と言葉を使い、使わされ、どこに運ばれ、何を掘り出し、また埋めるようにして生きているのか。劇場の中の観客はインスタレーションの内部に作られた観客席で、劇場の外の観客は映像で内側を覗き込むように、自然/都市/労働にあらたな視界を切りひらく一つの旅を体験するでしょう。
 
第1部:Game
鉱山という過酷な労働環境で近代化を支えてきた社会集団をテーマにして、そこでの生活や風習、あるいは土地に根ざした祝祭の伝承から、近現代史を読み込んでいく。プレイヤーは、祭りをおこすために9名の住人と出会う。国内でも有数の銅鉱山であった「日立鉱山」(1981年閉山)、そこから発展した鉱工業都市「日立(茨城県)」、巨大な山車とからくり人形芝居の「日立風流物」を具体的な手がかりとして、「鉱山の暮らしを探索する」という別なる世界をシミュレートし、地上世界を歩き巡る。探索を終えると祭りが始まる。山車が、プレイヤーの声に反応して地底の闇へと進む。観客自らダウンロードし、自身のPC を用いて体験できる。
 
声の出演: 新井麻弓、玉木晶子、山本悠、井上徹、川村和秀、斉藤隆文、メグ忍者、大畑美智子(日本語版)、平瀬ミキ(日本語版)、水野響(英語版)、山田カイル(英語版)、長谷川義朗(英語版)
ディレクター:Jang-Chi
シナリオ、映像、UI デザイン:メグ忍者
構成:斉藤隆文
CG デザイン:長谷川義朗
造形、サウンドデザイン:井上徹
幻灯機制作:土本亜祐美
出演協力:まゆたん
ドラマトゥルギー:和田信太郎(コ本や honkbooks)
ゲーム制作:ReeeznD
英語版ゲーム制作:薄羽涼彌
英語版ゲーム翻訳:水野響、山田カイル
『ひたち風流唄』作詞・作曲:井上徹、唄:まゆたん
協力: 大畑美智子(認定NPO 法人共楽館を考える集い副代表)、水庭久勝、鈴木司、根本雅文、水野賢一(日立郷土芸能保存会)、日立市郷土博物館、鈴木賢二版画館 如輪房、コ本や honkbooks
令和2年度茨城県県北芸術村推進事業交流型アートプロジェクト「たよりをつむぐ」企画(主催 茨城県、小川希、飯川恭子、茨城県政策企画部県北振興局) オル太制作作品『TRANSMISSION PANG PANG on HITACHI』
英語版共同制作:特定非営利活動法人国際舞台芸術交流センター
 
引用・参照:鉱山の歴史を記録する市民の会編『鉱山と市民 聞き語り 日立鉱山の歴史』、1988年、日立市郷土博物館発行『ガイドブック 日立風流物』、日立市教育委員会発行『ユネスコ無形文化遺産 日立風流物』、足尾町教育委員会発行『足尾のうた』、1978年、森崎和江『奈落の神々 炭坑労働精神史』、平凡社、1996年、上野英信『地の底の笑い話』岩波書店、1967年、押仁太『絵本日立物語(1)』 (全労連・金属共編)、日立製作所労働組合日立支部 『組合新聞:日立製作所労働組合日立支部機関紙』(第7号、昭和23年8月20日発行)、『たたかい:日立製作所労働組合日立支部機関紙』(第44号、昭和25年5月30日発行)、(第45号、昭和25年6月10日発行)、竹内康
 
第1部:Game
『生者のくに』GAME〈TRAILER〉
https://www.youtube.com/watch?v=tsbI_HAoD6Y&t=1s
【実況トーク①】7月31日(土)19:00(予定)~会田家(会田誠、岡田裕子、会田寅次郎)
https://youtu.be/3K_v156Y_Ok
【実況トーク②】8月1日(日)14:00(予定)~青柳菜摘 × 山田亮太
https://youtu.be/UqsQPD-WxBI
 
レビュー
高嶋慈(artscape)
https://artscape.jp/report/review/10171179_1735.html
 
YPAM
https://ypam.jp/program/detail/?id=land-of-the-living
 
『生者のくに』Web site
https://seijanokuni.net